ブログ

2018年06月28日

社長の幸福論について

こんにちは!茨城県土浦市にある工務店、「NKハウジング」です。

 

今回は、少し趣向を変えて「社長の幸福論」についてちょっとだけ、お話したいと思います。

 

現在、農業と社長業に忙しくしている社長ですが、常々私たちに話すことがあります。

それは、「当たり前のことは当たり前ではない」ということです。

たとえば家族がいて、普通に暮らす日常。親が2人いて暮らすことに不自由なく過ごせていること。これらはそれだけで幸福なもの、有り難いことなのだと、社員に話しています。それと同時に、「何気ない日常を提供することが、私たちの役目である」とよく話しています。

職人さんや、社員が「当たり前のことを当たり前にやる」ことを前提としながら、加えて目の前のお客様に対して「本当に満足されているか」ということを、私たちは常に自分自身に問いかけています。お客さんの満足に近づけるような思考を欠かしません。

 

8

 

私たちが何より「幸福」だと思う瞬間、それは心からお客さんに満足していただくこと。そして、お客さんと長くお付き合いを続けていくことです。当社のお客さんの中には、個人の住宅のご依頼だけでなく、店舗を任せていただくこともあります。

当社を信頼していただけてお客様の笑顔が増えること、それが社長をはじめ当社の「幸福」につながっています。

社長のつぶやき 社員のブログ・表紙7

Instagram表紙  

このページのトップへ戻る