ブログ

2018年09月04日

SG工法の良さは、住宅を撤去した時にも分かります!

こんにちは!茨城県土浦市にある工務店、「NKハウジング」です。

 

今回は、当社がおすすめてしているSG工法の魅力を紹介したいと思います。SG工法とは、スーパージオ材と呼ばれる樹脂を地中に埋め、その上に住宅を建てる工法のことです。

 

スーパージオ材を埋め込む際に、同量の土を取り除くのがSG工法のポイント。こうすることで、地盤自体が軽量化できます。万一軟弱地盤で地震が起こった際にも、沈み込むことなく建物を守ることができるのです。

 

実際、東日本大震災が起こった際、船橋市に建てられたスーパージオ材入りの住宅は倒壊や液状化による不同沈下に合うことがなく無事だったことが分かっています。

 

現在住宅を建てる際に瑕疵担保責任保険に加入するには、地盤調査の実施が規定されています。なおかつ、地盤に弱さがあった場合には補強をしなければならない、という規定に変わりました。

つまり、地盤調査を行い何か不具合があった場合には補強をすることが必要だということです。

通常であれば、杭(のようなもの)を入れなければなりません。

鋼管杭(こうかんくい)や、柱状杭(ちゅうじょうくい)と呼ばれるこの杭は、入れる時よりもむしろ「抜く」時に問題が多いと言われています。

 

抜く際に費用が発生するだけではなく、杭を撤去せずにそのままにしておくことで土地の価値が下がってしまう可能性もあります。

この点、SG工法であれば、撤去は非常に簡単!樹脂製の軽量なものなので、地中に埋め込んだスーパージオ材を取り除くだけでOK。杭を抜くときのような重機や手間もかかりません。

 

撤去するのが簡単で、土地の価値を落とさないSG工法。当社では自信を持っておすすめしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

一般社団法人 地盤対策協議会

http://www.chitaikyo.or.jp/

 

1

社長のつぶやき 社員のブログ・表紙7

Instagram表紙  

このページのトップへ戻る