ブログ

2018年08月16日

オーガニックハウスってどんなもの?

こんにちは!茨城県土浦市にある工務店、「NKハウジング」です。

 

今回は当社が建てる住宅の中で特徴的なものでもある「オーガニックハウス」について、改めてお話ししたいと思います。

オーガニックハウスとは、フランク・ロイド・ライトという建築家が残したコンセプトをもとに、現代の日本の住まいにマッチした住宅のことを指します。どこか「古きよきもの」というアンティークさを残しながら、現代の私たちの住まいに合うような「新しさ」を取り入れた、「作品」のような住宅です。

 

4

 

オーガニックハウスの基本理念は、世代を超えて住み継がれる家であること。そして、時代や住む人が変わっても変わらない「普遍性」を感じる家であること。

オーガニックハウスには、それぞれの住宅にデザインの名称が付いていますが、どのデザインにも共通して言えることは、「風景に溶け込み、環境やそこに住む人にフィットする住宅であること」です。

 

内装は、木材の感触やあたたかみをふんだんに活かした落ち着きのある空間が広がります。横に広がる開放感があり、大きめに取られた窓からは自然の優しい光が降り注ぎます。

 

木・石・土などの自然にあるものからヒントを得た住宅なので、住む人にも安らぎを与えてくれるのでしょう。

実際、一歩足を踏み入れると、落ち着き、居心地の良さをダイレクトに感じることができます。

 

オーガニックハウスは、「世代を超えてもずっと住み継いでいきたい」という思いを持てる住宅でもあります。住んでは壊し、また新しい家を建てる…といった住宅ではなく、直しながらずっと住み続けていくことに価値を見出す、そんな住宅でもあります。

 

この考え方は当社の「ストック循環型住宅」にも当てはまります。年末に、つくば市に2棟目のオーガニックハウスのモデルハウスオープン予定です。どうぞご期待ください!

社長のつぶやき 社員のブログ・表紙7

Instagram表紙  

このページのトップへ戻る